引越し業者のサービス

沢山のダンボール

かつては引越しは専門の業者が存在しておらず、全てを運送業者に依頼をしていました。そのため梱包や荷造り、解梱などは全て自分たちで行う必要があり、その面倒さのため、多くの人を呼んで手伝ってもらったりといった事が当たり前に行われていました。 しかし昭和50年代に入って第二次オイルショックが起こると、法人需要を無くし大きくリソースを余らせる運送業者が出てきます。このリソースを活かすために模索して始まったのが引越し専門の業者の誕生です。 このように引越し専門のサービスは元々運送業者から枝分かれした業者が始めたものであり、その後は需要を伸ばしていき定着をします。今でも引越しに関しては専門と兼業で行っている2つのタイプの業者が存在します。

家に関する様々なサービス全般の提供が、現在の引越し業者では行われています。リサイクル家電の高価買取りや逆に激安販売を行って、引越し前の荷物の片付けや、新居の暮らし前での家財の取り揃えに協力してくれたり、震災への備えとして、耐震パッドの取り付けなどを行ってくれるサービスが増えています。 また新居の家具や家電の据え付けサービスのよく見られます。新居での家具の組み立てや取り付け、さらに配線などはかなり面倒な作業となります。しかしこれらもスタッフが補助サービスとして提供をしてくれるので、こちらは置き場所を指示するだけで、設置が可能です。 他にも盗聴器探査サービスを提供したりと、家に関する全般の補助サービスを引越し会社は提供する傾向が強くなっており、今後もその傾向が進むと予測されています。